【意外とカンタン】第三級アマチュア無線技士合格体験記【アマ3】

勉強
ばぶちゃん
ばぶちゃん

アマチュア無線3級に合格した勉強法と感想を紹介するよ!

はみちゃん
はみちゃん

正直試験は余裕だった!!

こんにちは!

今回は私が先日取得した第三級アマチュア無線無線技士資格の取得方法や勉強時間についてまとめたいと思います!

スポンサーリンク

アマチュア無線3級とは

第三級アマチュア無線無線技士(3アマ)とは、公益財団法人日本無線協会が行なっている国家試験に合格することで取得できる資格です。

受験科目は法規と無線工学の2科目。

両方の科目で4択式の問題を約7割以上を正解すれば合格することができます。

合格率は毎回約8割程度なので、しっかり対策すれば不合格になることは少ないかと思います。

さくっとアマチュア無線3級を取得して、楽しいアマチュア無線ライフを送りましょう!

ちなみに、アマチュア無線をとったら何ができるのか、どんな楽しみ方があるのかをしっかり知りたい方にはこちらの本がおすすめです。

読み物として面白いです。

 

ちなみに、この本はkindle unlimitedに登録すると読むことができます。

kindle unlimitedは初回登録初月無料なので、まだ登録していない人は読んでみても面白いと思います。

時期にもよりますが、アマチュア無線3級の問題集が読み放題対象になっていることもあります。

kindle unlimitedの登録はこちらから。

 

ちゃーみしゅん
ちゃーみしゅん

試験問題は正直過去問の使い回し!!

使った参考書

この参考書だけをひたすら繰り返し使用しました!!(実際に使用していたものなので、少し汚い…)

アマ3受験勉強に使用した問題集

この参考書を毎日読むと、1ヶ月後にはネットで転がっている無料の試験問題を解いても8割を切ることはほぼなくなっていました。

この問題集のおかげで自信を持って本番に臨むことができました。

ちなみに、色が違いますが、下のリンク先から見られるものが最新版です!

ちゃーみしゅん
ちゃーみしゅん

理系が有利な問題だけど、文系でもチャレンジできると思う!!

勉強時間

試験のちょうど1ヶ月前から、平日の朝に15分間問題集を解きました。

といっても、机に座ってしっかりと勉強したわけではなく、電車の中で問題集を読んだ程度です。

初めは15分で1〜2単元進めることがやっとだった(流石に法規はもう少し進みました)のですが、本番1週間前ごろからは15分で工学1周や法規1周をすることができていました。

問題数もそこまで多くないので、自然と解き方・答えを暗記していく感覚…。

 

ばぶちゃん
ばぶちゃん

継続は力なり!

覚え方のコツ

3アマの試験は正直過去問を覚えれば勝ち!なのですが、覚えにくい項目がいくつか…。

私はほとんど全てを語呂合わせで乗り切りました。

気になる方は「モールス信号 語呂合わせ」や「Q符号 語呂合わせ」で調べてみてください。

私は語呂合わせを利用してモールス信号もQ符号も1日でができました!

はみちゃん
はみちゃん

kは警視庁(けーしちょー)のリズムで♪「ー・ー」

試験の申し込み方

日本無線協会のHPから指示に従って試験を申し込みます。

試験は大体5000円で受けることができます!

TOEICや英検などの受験人数が多い試験と違って、3アマの試験は自分で郵便局に行くなど、少し手続きが面倒でした…。

ただ説明に従っていけば難しすぎて申し込めない!ということはないので安心してください。

ばぶちゃん
ばぶちゃん

正直ちょっと面倒…。
ちなみに、合格後の手続きも面倒だったり…。

当日の流れ

試験の申し込みが完了すると、試験1週間ほど前に自宅に受験票が届きます。

受験票の指示する時間に、受験会場に集合すればあとは試験を受けるだけです。

ただ、受験開始時間の15分前から回答用紙に名前や受験番号を記入することができるので遅くとも20分前には到着しているようにしましょう。

また、受験票にはシャーペン可と書いてあるのですが、私が受験した会場の試験監督は鉛筆で書いてくださいと指示していました。

試験には鉛筆も1〜2本持っていくのが無難だと思います。

試験時間は工学、法規合わせて70分ですが、試験開始30分を過ぎると試験会場を退室して帰宅することができます。

真面目に勉強していけば、30分で退室することができるのでサクッと終わらせてしまいましょう!

ばぶちゃん
ばぶちゃん

アマ3を持っていたら、できることがグッとひろがるよ!
無線通信に興味のある人は持っておいてまちがいない!!

ちゃーみしゅん
ちゃーみしゅん

またみてね!

 
スポンサーリンク
ばぶちゃんぷ

コメント