【ミニカー】公道カートで難波を駆け抜けよう!【爽快】

体験
はみちゃん
はみちゃん

たまーに、難波や大阪城でマリオカートに乗ってる人を見かけるんじゃが…。

ばぶちゃん
ばぶちゃん

公道カートのことだね!

今回は難波の公道カードについて紹介するよ!

ちなみに、私が今回体験してきたのは大阪難波で公道カートを主催するアキバカートさんの公道カートです!

大阪で公道カートを体験するならアキバカート!

久々の運転にびびりながらも、始まってみるととっても爽快!

非日常を体験できるおすすめの遊びなので、皆さんもぜひ体験してみてください!

ちゃーみしゅん
ちゃーみしゅん

普通自動車免許(AT限定でも可)が必要な大人の遊び!

スポンサーリンク

公道カートとは?

普通の車が走る公道を小さなカート(まるでマリオカート!)で走行する観光ツアーです。

主に外国人観光客の間で人気ですが、普通自動車の免許さえ持っていれば、誰でも体験することができます!

カートは1人乗りなので、ある程度運転はできたほうが良いかも!

ちゃーみしゅん
ちゃーみしゅん

僕はほぼ初心者の状態で運転したので、結構怖かった…。

私が体験してきたアキバカートの大阪城公園ツアーでは、大阪の観光名所として有名な大阪城やアメリカ村、道頓堀近くを2時間かけて1周しました。

道ゆく人々の注目を浴びながらのドライブはここでしか体験できないですね!

ちゃーみしゅん
ちゃーみしゅん

希望者はコスプレもできちゃうよ!

ばぶちゃん
ばぶちゃん

ドラえもんやスーパーマン、ピカチュウなんかの着ぐるみがあったよ〜!

料金は?

料金は2時間の大阪城公園ツアーで6000円!

SNSに感想を投稿すれば5000円です!

私が体験してきたアキバカートさんの価格です!

大満足だったので、大阪で体験したい人にはおすすめ!

大阪で公道カートを体験するならアキバカート!

コロナの影響でツアーなかなか実施していないけれど、きっとまた募集がかかるはず!

ほかにも楽しい遊びがいっぱい…!

はみちゃん
はみちゃん

気長に待とう!

ちなみに、私のおすすめはクリスマスシーズンの夜!

ライトアップされた御堂筋線を見ながらドライブするのは最高に気分が良いです!

どこで体験できるの?

日本全国ちょこちょこあるようですが、私がお勧めする大阪難波のアキバカートだと、

・近鉄日本橋駅から徒歩5分
・各線難波駅から徒歩15分

くらいのようです!

実際に体験してみた感想

クリスマスシーズンの17時ごろ、アキバカートを訪れるとガッシリお兄さんが、英語で出迎えてくれました。

少し驚きましたが、外国のお客さんが多いので英語で挨拶していると聞いて、なるほど!

本人確認を済ませると、ツアー開始時刻まではコスプレを選んで良いそうです!

はみちゃん
はみちゃん

コスプレというか、着ぐるみというか…。

ばぶちゃん
ばぶちゃん

50種類くらいの服が用意されていたよ!

ちゃーみしゅん
ちゃーみしゅん

もちろん着なくてもOK!

この日はとても寒かったので、コートの上からドラえもんのコスプレをしました!

なかなか可愛い!とウキウキしていると、早速ツアースタートです!

やはり外国人のお客さんが多いようで、日本人のお客さんは私たちだけでした!

ちなみに、私は日本人なら大体の勝手がわかっているだろう、ということで殿を任されました!

これは重大任務!

初めにすこーしだけ、運転講習を行い、アキバカートの周りを少し運転すると早速ツアースタート!

大阪難波から大阪城をくるっと回り、途中トイレ休憩を設けて、アメリカ村の方から御堂筋を通って帰ってくるルートでした!

先頭で運転されているアキバカートのお兄さんは、信号の待ち時間なんかもしっかり把握されて、運転中の写真を撮ってくださったりスピードを調整してくださりました!

ちゃーみしゅん
ちゃーみしゅん

写真はツアー終了後にいただけるよ!

はみちゃん
はみちゃん

洞窟探検と同じシステム!

そのような心遣いもあって誰一人離脱することなく無事ツアーを終了することができました!

寒い時期の2時間のツアーだったので、途中トイレ休憩があったのがありがたかった〜!

アメリカ村では大注目を浴びました!

ちゃーみしゅん
ちゃーみしゅん

調子に乗って沿道の人に手を振ったりしちゃった!

注意

ミニカーとはいえ車です!

ペーパードライバーの状態で臨み、かなりドキドキ怖い思いをしながらの運転だったので、皆さんは車に慣れてから参加することをお勧めします。

日本人だと最後尾を任されたり、大丈夫だと思われるのが逆に怖い…!

地面も近いから実際のスピードより速く感じました。

はみちゃん
はみちゃん

またみてね

 
スポンサーリンク
ばぶちゃんぷ