【M-1グランプリ2008まとめ】NON STYLEが優勝した第8回大会を振り返り!結果・ネタ順・漫才タイトル・感想!

M-1グランプリ2008 歴代優勝者 NON STYLE ノンスタイル イラストå
お笑い
はみちゃん
はみちゃん

過去のM-1決勝でどんなネタがされていたか知りたい!

ばぶちゃん
ばぶちゃん

私がまとめるね!

どうも!
お笑い大好きばぶちゃん(@babychamp_blog)です!

このブログでは、お笑いに関する記事の発信やお笑い芸人さんのイラストの掲載をしています。

今回はNON STYLEが優勝した大会「M-1グランプリ2008決勝戦」について以下の内容をまとめました。

・結果&得点

・ネタ順

・出場コンビ

・披露した漫才のタイトル

・Amazonプライムビデオで視聴する際のネタ開始時間

・その他 感想など

ちゃーみしゅん
ちゃーみしゅん

それではレツゴ!

スポンサーリンク

M-1グランプリとは?

M-1グランプリとは、M-1グランプリは2001年に始まった、結成15年目以下のお笑いコンビの中で1番面白い漫才師を決める大会です。
ただし、2001〜2010年の間は結成10年目以下であることが出場の条件でした。
なので、今回紹介するM-1グランプリ2008は結成10年以下の漫才師のみが出場した大会です。

M-1グランプリで優勝したコンビには優勝賞金1000万円が贈呈されます!

M-1グランプリの過去の優勝者をまとめると、こんな感じです。

大会開催年優勝者
第1回2001中川家
第2回2002ますだおかだ
第3回2003フットボールアワー
第4回2004アンタッチャブル
第5回2005ブラックマヨネーズ
第6回2006チュートリアル
第7回2007サンドウィッチマン
第8回2008NON STYLE
第9回2009パンクブーブー
第10回2010笑い飯
第11回2015トレンディエンジェル
第12回2016銀シャリ
第13回2017とろサーモン
第14回2018霜降り明星
第15回2019ミルクボーイ
第16回2020マヂカルラブリー
第17回2021錦鯉

2008年はNON STYLEが優勝した大会です!

参考【過去M-1グランプリまとめ】ネタ順・コンビ・漫才タイトル・ネタ開始時間 【Amazonプライムビデオのタイムテーブル】

M-1グランプリ2008決勝戦結果まとめ

M-1グランプリ2008決勝戦の結果をまとめました。

背景色が黄色なのは最終決戦で投票したことを示しています。

順位コンビ名合計点島田紳助松本人志上沼恵美子渡辺正行オール巨人大竹まこと中田カウス
優勝NON STYLE64494939590919091
2位オードリー64989959292919298
3位ナイツ64089939591898994
4位笑い飯63795899591918888
5位U字工事62391859390848892
6位ダイアン61989859090868693
7位モンスターエンジン61491838588898890
8位キングコング61288869089868786
9位ザ・パンチ59187808885838385

最終決戦はNON STYLEの圧勝ですね。


M-1グランプリ2008決勝戦の振り返り

M-1グランプリ2008のネタ順、出場コンビ、漫才タイトル、ネタ開始時間を以下にまとめました。

*ネタ開始時間はアマゾンプライムビデオで視聴する際のものです。

ネタ順コンビ名漫才タイトルネタ開始時間
1ダイアンサンタクロース15:42
2笑い飯スペインの闘牛士
悪いやつ
24:25
3モンスターエンジンハリウッド映画34:13
4ナイツ宮崎駿41:56
5U字工事栃木と茨城49:07
6ザ・パンチニュースキャスター57:07
7NON STYLE川で少年が溺れている1:05:07
8キングコングヒーローインタビュー1:13:45
9オードリー引っ越しをしたい1:21:37
最終決戦 1ナイツSMAP1:31:36
最終決戦 2NON STYLEホラー映画1:35:18
最終決戦 3オードリー選挙演説1:39:33

M-1グランプリ2008をみる

では順番に振り返っていきます。

ファーストラウンド1番目 ダイアン

順位:第6位

合計点:619点

漫才タイトル:サンタクロース

ネタ開始時間:15:42

ダイアンにとっては二回目のM-1グランプリ決勝です。

このネタ正直めちゃくちゃ面白かったです。
ダイアンの漫才好きだなあ。

ただ、松本さんや紳助さんが言うように「前半部分が物足りない。」感じは否めないなあとは感じました。

4分間で起こせる笑いの量が関係してきますから、前半からボケ数を多くすることがM-1グランプリの定石って感じましたね。

ファーストラウンド2番目 笑い飯

順位:第4位

合計点:637点

漫才タイトル:闘牛士→交通事故

ネタ開始時間:24:25

笑い飯7度目のM-1グランプリ決勝です。

ネタ終わりに哲夫さんが「自分たちのネタのスタイルをいじるという、ズルをしてしまった」と言っていました。
7度もダブルボケというスタイルで決勝戦を戦っていますから、自分たちのスタイルが浸透しているという前提で、ボケられるという強みを見せていましたね。
笑い飯を知っている人なら、絶対に笑ってしまうボケで「すご!」と感じました。

上沼さんも「オートバックスのCMが見えました!」と言うほど、絶賛していました。
(当時は優勝者がオートバックスのCM出演権を獲得できたため)

ファーストラウンド3番目 モンスターエンジン

順位:第7位

合計点:614点

漫才タイトル:ハイウッド映画

ネタ開始時間:34:13

モンスターエンジン初めての決勝進出です。

ボケ数こそ少ないものの、上手な漫才でかなり面白かったです。

モンスターエンジンは全国的には
「私だ」
「お前だったのか?」
「また騙されたな」
「暇を持て余した神々の遊び」
というコントのイメージが強かったため、M-1グランプリんの決勝戦でみて驚いた方もたくさんいるのではないでしょうか。

ファーストラウンド4番目 ナイツ

順位:第3位

合計点:640点

漫才タイトル:宮崎駿

ネタ開始時間:41:15

ナイツ初めてのM-1グランプリ決勝進出です。

お馴染みの「ヤホー」から始まり、怒涛のボケでしたね。

松本さんもボケ数をかなり評価していました。

初決勝ながら非常に落ち着いた状態で最後まで駆け抜けたのが、すごいなあと思いましたね。

ファーストラウンド5番目 U字工事

順位:第5位

合計点:623点

漫才タイトル:栃木と茨城

ネタ開始時間:49:07

U字工事のM-1グランプリ初決勝です。

M-1グランプリ決勝の舞台での「ごめんね、ごめんねー」は格別でしたね。

U字工事らしい、本当に面白い漫才でした。

最終決戦進出とはなりませんでしたが、紳助さんや上沼さんもベタ褒めでしたし、U字工事にとっては実りのある大会だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ファーストラウンド6番目 ザ・パンチ

順位:第9位

合計点:591点

漫才タイトル:ニュースキャスター

ネタ開始時間:57:07

ザ・パンチにとってM-1グランプリ初決勝戦です。

自分でも審査員からも言われていましたが、かなり緊張が見られましたね。

ネタ自体は「おむすび追いかけて谷底落ちて〜」や「ママチャリでサファリパーク見学して〜」などパワーワードではしっかり笑いを取れていましたし、ここまで低い点数とは思いませんでした。

やはり審査員はプロなので、細かい間のズレなどに違和感を覚えて、点数を下げているようでした。

ファーストラウンド7番目 NON STYLE

順位:第1位

合計点:644点

漫才タイトル:川で少年が溺れている

ネタ開始時間:1:05:07

NON STYLE 初のM-1グランプリ決勝戦です。

流石に面白すぎましたね。
怒涛のボケです。

“自分でいましめるやつ”と表現していた石田さんの自分ツッコミでもしっかり笑いが起こっており、ほとんど笑いが途切れないような理想的な漫才だったのではないでしょうか。

ファーストラウンド8番目 キングコング

順位:第8位

合計点:612点

漫才タイトル:ヒーローインタビュー

ネタ開始時間:1:13:45

キングコング三度目のM-1グランプリ決勝戦です。

キングコングは面白いコンビなのですが、このネタに関しては何か物足りないというか、無理をしているというのを感じてしまいましたね。

中田カウスさんも「ネタ選びを失敗したんちゃう?」と言っていましたし、キングコング自体は評価していながらも、このネタはイマイチだったと感じたのでしょう。

この大会にかける意気込みは強かったようで、普段面白いコンビなだけに残念な結果だったでしょう。
結果発表後の梶原さんはなんとも言えない悔しそうな表情を浮かべていましたね。

余談ですが、紹介Vで西野さんが「僕らは漫才師なんで、漫才で結果を残したい」と言っていたのは、その後の西野さんを考えると面白いなあ。と感じました。

ファーストラウンド9番目 オードリー

順位:第2位

合計点:649点

漫才タイトル:引っ越しをしたい

ネタ開始時間:1:21:37

敗者復活戦で勝ち上がったオードリー。
M-1グランプし決勝戦初挑戦です。

今大会最高得点ですし、完全に会場をものにしているのを感じましたね。

途中で春日さんが噛んでしまいましたが、それを笑いに変える力も凄みを感じましたね。

伏線を張ってからのオチも最高でしたし、言うことなしといった感じではないでしょうか。

個人的には、この大会で一番面白かったのはこのオードリーのネタでした。

スポンサーリンク

最終決戦1番目 ナイツ

順位:第3位

投票者:なし

漫才タイトル:SMAP

ネタ開始時間:1:31:18

ナイツ初めての最終決戦でした。

完全に落ち着いてできていましたし、ナイツにとって最高の漫才ができたのではないでしょうか。

ただ、最終審査の票は全く入りませんでしたね。
やはり似たようなネタになってしまうので、爆発力に欠け、M-1グランプリで優勝するには不利なスタイルかと思います。

個人的には、メガネのくだりで1本目のネタに被せるようなボケがあったのが、かなり好みでした。

最終決戦2番目 NON STYLE

順位:第1位

投票者:島田紳助、松本人志、上沼恵美子、渡辺正行、オール巨人

漫才タイトル:ホラー映画

ネタ開始時間:1:35:18

NON STYLE の優勝ネタです。

このネタもずっと笑いが起きているという完全に理想的なネタでした。

「街灯とかいらん!」などで大爆笑もかなり起きており、まさに優勝に相応しいウケ具合だったと思います。

最終決戦3番目 オードリー

順位:第2位

投票者:大竹まこと、中田カウス

漫才タイトル:選挙演説

ネタ開始時間:1:39:33

敗者復活からの、最終決戦進出!

この前の年、2007年の大会では敗者復活から勝ち上がったサンドウィッチマンが優勝していますし、息巻いていたのではないでしょうか。

その場面を想像しながら、見入ると本当に面白い漫才でした。

私はNON STYLEよりもオードリーの方が好みでしたし、かなり競っていたのだと思います。

M-1グランプリ2008をみる方法

M-1グランプリ2008を含む、過去のM-1グランプリはAmazonプライムビデオでみることができます。

Amazonプライム会員になると、過去のM-1グランプリがみられるのだけでなく、たくさんの映画やアニメがみられたり、Amazonで商品購入時の送料が無料になったり、音楽が聴き放題だったり、無制限の写真保存クラウドが使えたりとささまざまなコンテンツを月々なんと500円で楽しむことができます。

特にお笑い好きの方にとっては入っていて損はない素晴らしいコンテンツだと思うので、まだの方はこの際に検討してみてください。
今なら、30日間無料で試すことができます。

M1グランプリ2008をみる

また、M-1グランプリ2008のDVDも出ているため、こちらからでもみることができます。


最後に

この記事ではM-1グランプリ2008の結果やネタ順、漫才タイトル、ネタ開始時間などをまとめました。

「この記事を読んでM-1グランプリを見返したくなった」という方はAmazonプライムビデオを検討してみてください。

他にもお笑いに関する記事をたくさん更新しているので、いろいろみて頂けると嬉しいです。

参考【過去M-1グランプリまとめ】ネタ順・コンビ・漫才タイトル・ネタ開始時間 【Amazonプライムビデオのタイムテーブル】

ではでは〜

ちゃーみしゅん
ちゃーみしゅん

またみてね

 
スポンサーリンク
ばぶちゃんぷ